Gas Analyzer

サイトトップ » 製品/サービス » ガス分析計 » テールガス(H2S/SO2比率)分析計 TLG-837

テールガス(H2S/SO2比率)分析計 TLG-837 [Applied Analytics社]

  1. ダイオードアレイ・ディテクターを採用
  2. 幅広いダイナミックレンジで多成分分析が可能
  3. フレキシブルな設置が可能なコンパクトデザイン

製品概要

ダイオードアレイディテクターとは

ダイオードアレイディテクターの図1

  • キセノンランプで発生した光は光ファイバーケーブルを経由して、ブロードバンドの状態でサンプルガス(液体も可)による特定の波長領域を吸光させるフローセルへ伝送されます。
  • 特定の成分による吸光はフローセル中の成分濃度に比例します。サンプルを透過した光はフローセルからもう一方の光ファイバーを経由しポリクロメーターで分光されます。
  • 分光された光はそれぞれの波長によって異なる検出器(ダイオードアレイの場合1024個の検出器)で検出されます。
  • この一連のプロセスは瞬時に行われるものであり、駆動部品を必要としません。

ダイオードアレイディテクターの図2

原則的に全てのAAI製分光計は次の四つのサブユニットから構成されています。

  • 電磁放射を発生する光源-キセノン
  • 光源のブロードバンドを特定の波長に選択する分光デバイス-凹型ホログラフィック・グレーティング
  • サンプル・エリア-フローセル
  • 光の強度を測定する検出器-ダイオード・アレイ

モデル

TLG-837 テールガスアナライザー
測定方式:
ダイオードアレイ
波長レンジ:
200~800 nm
波長再現性:
<±0.04nm(NIST2034規格)
測定成分:
H2S 0-2%
SO2 0-2%
COS 0-2,000ppm
CS2  0-2,000ppm
精度:
測定範囲の±1%
(500 ppm以下のCOS、SO2については±5%)
応答時間:
1~5秒
周囲温度:
標準:0~35℃
オプション:-20~55℃
ディスプレイ:
タッチスクリーン液晶画面
アナログ出力:
測定対象一つにつき4-20mA一つ
デジタル通信:
Modbus TCP/IP; RS-232; RS-485; Fieldbus; Profibus; HART;
構造:
NEMA 4X ,IP 65 (標準仕様)
国内防爆仕様 (オプション)
その他各国防爆規格にも対応

TLG-837 テールガスアナライザー TLG-837 テールガスアナライザー TLG-837 テールガスアナライザー TLG-837 テールガスアナライザー TLG-837 テールガスアナライザー TLG-837 テールガスアナライザー

特徴

  • 早い応答時間
  • 紫外~可視光領域まで幅広く対応
  • 幅広い測定レンジ(オートレンジ機能)
  • 高精度・高感度
  • 多成分分析が可能
  • 操作が容易なインターフェイス
  • 駆動部なし
  • 前処理が不要
  • 非常に少ないメンテナンス
  • Ethernetによるリモートコントロール
  • ppmレンジから%レンジまで対応
  • 工業用コンピューター内蔵
  • 長寿命の光源ランプ
  • ファイバーケーブルを採用し、フレキシブルな設置を実現
  • RS232、TCP/IP通信に対応
  • 独自開発したコールドフィンガーデミスタープローブ

納入実績

  • 製薬、食品、火力・原子力発電所、化学、サービス会社、石油精製、機械、自動車、鉄鋼 など

メーカー紹介

  • Applied Analytics社
  • Applied Analytics Inc社
    • 1992年アメリカ・マサチューセッツ州に設立
    • 様々なアプリケーションをサポートできる製品ラインナップ。 化学、機器設計、電気・光学、分光技術、サンプリングシステムデザイン、ソフト開発などそれぞれの部門にエキスパートを配置。
    • 高品質な機器の設計・製作にとどまらず、ユーザーが抱えている問題解決のため、サンプリングシステムの設計、開発、キャリブレーションの手法や手順の開発などをアフターセールスサポートを通して明確にします。
    • 全世界で約1,500台の納入実績。
    • 日本総代理店として2008年2月1日より八洲貿易との契約をスタート。
  • https://aai.solutions/

お問い合わせ先

  • 第1営業本部
    TEL:03-3588-6456

前のページへ戻る  カテゴリトップへ戻る

〒107-8484
東京都港区赤坂3-9-1 TEL: 03-3588-6305
支店/営業所:長野, 名古屋, 四日市, 大阪, 岡山, 坂出, 九州, 周南
当社は認定基準としてISO/IEC17025(JIS Q 17025)を用い、認定スキームをISO/IEC17011に従って運営されているJCSSの下で認定されています。
当社標準室は国際MRA対応JCSS登録事業者です。JCSS 0300は当標準室の登録番号です。