Gas Analyzer

サイトトップ » 製品/サービス » ガス分析計 » シリコンセンサー水分計

シリコンセンサー水分計 [Manalytical社]

  1. Manalytical/MCM は水分の標準化と測定の分野で40年以上にわたって技術と方法論の開発を進めてきました。 この結果、温度制御されたセンサーおよびプッシュパージと称するセンサー乾燥機能(特許)が導入され、これらの機能は全てのManalytical分析計に備えられています。

製品概要

温度コントロールシリコンセンサー

温度制御 - 良い水分測定の必須条件

全ての吸湿性の物質は温度に依存して水分を失ったり取り込んだりします。したがって水分測定において温度制御は重要なファクターになります。例えば、冷えた表面に水滴が凝集したり、温度が上昇すると水滴が取り除かれたりすることからもわかります。

安定した動作温度 = 安定した指示

この原理はどんな水分センサーにも適用されます。温度によりセンサーが平衡状態で保持できる水分量は変化します。言い換えれば、温度制御していなければ、測定値の不確実性が増大します。したがってセンサーが一定の水分量に対して再現性のある応答をする場合、一定の温度で動作させる必要があります。それゆえに全てのManalytical社水分計は温度制御機能を備えています。

現場でも実験室並みの性能とトレーサビリティーを実現

Manalytical社水分計は、重要なファクターである温度制御を温度安定性に優れたシリコンセンサーを適用することで、データの安定性とトレーサビリティーを保証します。
これはキャリブレーションしたときの温度と使用するときの温度が著しく異なる場合、特に有効に機能します。

温度コントロールシリコンセンサーの図

プッシュパージ

指示の確認に効果的

ガスを最初にサンプリングするときや異常が発生した場合、結果を証明する機能は重要です。 Manalytical社水分計はプッシュパージ機能によってこれを可能にしています。プッシュパージを起動するとセンサー表面が急速に加熱され、表面に存在する水分やハイドロカーボンによるコンタミネーションを焼き払います。センサーの温度が上がるにつれて水分は追い払われてそれに応じて表示される指示が下がります。(1)表面のコンタミネーションが無視できる場合、センサーが冷えて再び平衡へ近づくにつれて(2)、表面の水分の指示はそれまでの値に戻り、サンプル中の水蒸気の量が確認されます。(3)さらに、プッシュパージはセンサーのコンタミネーションのリスクやガスの状態や分析計の電気的機能性についての有用な情報を提供します。

プッシュパージの図1

ヒステリシスの無い高速で繰返し性のある測定

プッシュパージを用いるとヒステリシスの影響が最小になります。なぜなら、測定開始時にセンサーを再現性のあるドライな状態とすることができるためです。さらに平衡に達するまでの時間を早くするためにセンサーを乾燥させるプッシュパージ機能を用いることによって測定が安定するのに必要な時間は大幅に短縮されます。乾燥した状態から水蒸気が再び平衡に到るまでにかかる時間によって分析計の水分に対する感度を確認し、現場の条件における応答速度を確立することができます。

プッシュパージの図2

有用な診断機能

サンプルの状態を乱すことなく感度もしくは水分レベルの変化に対する応答速度を確認することが出来る能力を持つ分析計は収集されたデータが信頼できるのでオペレーターにとって価値のある装置です。その結果、プッシュパージは生産性と品質管理を促進する貴重な診断ツールとなります。

モデル

Micro View Portable ポータブル水分計
Micro View Portable ポータブル水分計
  • 測定レンジ:
    0.1~100ppmv
    1~1000ppmv
    1~6000ppmv
Micro View On-Line オンライン水分計
Micro View On-Line オンライン水分計
  • 測定レンジ:
    0.1~100ppmv
    1~1000ppmv
    1~6000ppmv
Micro View Mini オンライン水分トランスミッター
Micro View Mini オンライン水分トランスミッター
  • 測定レンジ:
    0.1~100ppmv
    1~1000ppmv
    (ご要求により他のレンジも可能)
Micro View ATEX ATEX防爆型ポータブル水分計

Micro View ATEX ATEX防爆型ポータブル水分計1 Micro View ATEX ATEX防爆型ポータブル水分計2

  • 測定レンジ:
    0.1~100ppmv
    1~1000ppmv
    1~6000ppmv
Dry Transport System
ドライサンプリング付きポータブル水分計
Dry Transport Systemドライサンプリング付きポータブル水分計
  • 測定レンジ:
    0.1~100ppmv
    1~1000ppmv
    1~6000ppmv
ATEX Auto Zero オンライン セルフバリデーション型水分計
ATEX Auto Zero オンライン セルフバリデーション型水分計
  • 測定レンジ:
    1~1000ppmv
ATEX CMMS(Continuous Moisture Measuring System)
オンライン セルフセルフキャリブレーション型水分計
ATEX CMMS(Continuous Moisture Measuring System) オンライン セルフセルフキャリブレーション型水分計
  • 測定レンジ:
    1~1000ppmv

特徴

  • 温度制御されたシリコンセンサー
    • 温度制御は良い水分測定に不可欠
    • 安定した動作温度による安定した指示
    • 現場でも実験室並みの性能とトレーサビリティーを実現
  • プッシュパージ機能
    • 指示の確認に効果的
    • ヒステリシスの無い高速で繰返し性のある測定
    • 診断機能として有用

用途

  • 不活性ガス中の水分測定(アルゴン,酸素,窒素,ヘリウム および空気)
  • 天然ガスや石油化学工業における水分測定
  • 触媒改質装置の保護(CMMS)
  • その他

メーカー紹介

  • Manalytical社
  • Manalytical社
  • 1968年に英国で創業され40年以上の歴史を持つ水分計専業のメーカーです。
  • https://www.manalytical.com/

お問い合わせ先

  • 第1営業本部
    TEL:03-3588-6456

前のページへ戻る  カテゴリトップへ戻る

〒107-8484
東京都港区赤坂3-9-1 TEL: 03-3588-6305
支店/営業所:長野, 名古屋, 四日市, 大阪, 岡山, 坂出, 九州, 周南
当社は認定基準としてISO/IEC17025(JIS Q 17025)を用い、認定スキームをISO/IEC17011に従って運営されているJCSSの下で認定されています。
当社標準室は国際MRA対応JCSS登録事業者です。JCSS 0300は当標準室の登録番号です。